高崎まわり、小海線・身延線

8月上旬の山陰の旅以降18きっぷを使う機会がなく、2回分余ってしまったため、急きょ予定を組んで信越線(横川方面)、小海線、身延線を乗りつぶしてきました。


2006年9月8日〜9日


まずは関東へ移動します。が、神戸から在来線で行くとそれだけで1日が終わってしまうので、東京駅までは夜行バスを使います。いつものJRバスドリーム号ですが、到着時間の都合で京都発着便に乗ります。

 
東京駅到着は5時30分。さすがの東京駅でも、この時間の日本橋口は閑散としています。

 
まずは高崎へ向かいます。いつものように京浜東北線で上野へ。上野からは高崎線に乗り換え。高崎遠いな‥。

 
高崎到着は8時頃。けっこうな乗車時間だった気がします。早くも疲れた‥。ここで信越線(横川方面)に乗り換えます。

 
横川までは30分ほど。天気が悪いせいか、寝不足のせいか、ここまで来てもどうも気分が盛り上がらない気がします。

 
横川からは峠越えのバスに乗り換えて軽井沢へ。18きっぷが使えず別料金なのが痛いですが、アップダウンが激しくなかなか乗りごたえのある路線バスだと思います。

 
軽井沢でしなの鉄道に乗り換え。またここも別料金なんですよね。乗り換え時間が短かったのと、眠気か襲ってきたのとであまり記憶がありません。


さっきの電車の終点、小諸に到着。ここで再び18きっぷの登場。天気も回復してきました。

 
小諸からはもちろん小海線に乗車します。楽しみにしていた路線ではあるのですが、この日は休日とあって車内は団体のおばさま方に占領され、ロングシート部の端っこにしか座れませんでした。


小海、野辺山、清里とメジャーな場所を通りますが、結局眠気もあってあまり景色を楽しめないまま小淵沢に到着。また別の機会に乗りに来ないとなー。

 
小淵沢からは中央本線に乗り換え。こっちの電車は空いていて快適でした。

 
甲府に到着。ここでさらに乗り換え。乗ってばっかりなのでさすがに疲れてきましたね。

 
といいつつ、休憩することなく甲府からは身延線に乗り換え。ここから東海区間に入ったのですが、あまりそういう雰囲気はありません。

 
途中の身延で列車交換待ち。身延といえば久遠寺ですが、時刻はもう15時半。久遠寺まで行く時間はなさそうです。

 
疲れたので西富士宮でちょこっと降りてみます。この先は本数が増えるのであとは適当でいいでしょう、ということで。


西富士宮といえばクモハ123(車番5042だったかと)です。使われているのかどうかは分かりませんが、こういうのにも乗ってみたいです。

似たような形の車両に「ミニエコー」があったと思いますが、どういう関係なんでしょうかね。


西富士宮から富士、沼津と乗り換えて御殿場まで来ました。すっかり日が暮れてしまった。

 
真っ暗な中、御殿場線を乗り通し国府津に到着。このあと東海道線で東京に戻り、夜行バスで帰りました。今回の移動はやたら疲れた気がします。

余談ですが、本当ならこの後、夜行バスで名古屋(千種駅)に出たあと、太多線経由で高山本線を乗り通す予定でしたが、寝不足からかあまり体調が良くなく、まさかの途中断念でこのまま帰ることになりました。乗れなかった高山本線は約一月半後の10月に再チャレンジ。話の上では10月の旅の2日目に続いています


戻る  トップページ

inserted by FC2 system