07年9月10日

珍しくグループ旅行ということで、なるべくメンバーが写っていない写真を選んで掲載しています。

目的地は長崎。ということで、旅の出発は阪九フェリーの六甲アイランドターミナルです。まずは六甲ライナーのアイランド北口駅に17時頃に集合して、ターミナルまで連絡バスで向かいます。私の場合は最寄りの住吉駅から直接バスで行った方が安いのですが、まあ細かいことはいいや。
 
ということで色々端折って阪九フェリー乗船。船名は記録し忘れましたが「せっつ」か「すおう」どちらかだったかと。この日はガラガラで一部屋をグループで貸し切ることができました。

18時30分に出港したら早速甲板で酒盛り開始。まぁそうなりますよね。メンバーそれぞれが酒とかつまみとかを持ち寄るという方式です。ちなみに私は家からフェリーターミナルまで一番近いということで、氷とかミネラルウォーターとか重量のあるもの担当でした。種類を選ばなくていいので楽と言えば楽ですね。

しばらくすると船は神戸空港沖を通過。良い具合に酒もまわってなかなか良い気分。

夕方最大のイベントは明石海峡大橋の通過。盛り上がってます。
 

甲板で一通り飲んだ後はレストランへ。

レストランでは「カレーフェア」なるものをやっていて、通常のカレー、赤カレー、黒カレーから選べるようになってました。何故か全員黒カレーを選択という‥。ちなみに黒は結構甘めで、「赤にすれば良かった」と後悔したのはここだけの話。

このあと売店で酒を買い足し、結局深夜までロビーで飲んでいたという。たまにはこういう旅のスタートも良いよね、ということで。


07年9月11日

翌朝は6時前に起床。明らかに寝不足です。

カーテンを開けて外を見ると、すでに明るくなってました。

降りる準備をして6時半頃、新門司港に着岸。

ここからは連絡バスで小倉駅に向かいます。連絡バスは門司駅→砂津バスセンター→小倉駅の順に進むのですが、昨晩の酒が残っているのか、ボケて砂津で降りそうになりました。慌てて戻ってちょっと恥ずかしい。

小倉駅到着は7時過ぎ。ここから鉄道の旅スタートです。人数が多いので4枚きっぷを使って優雅に特急利用です。
 
ちなみにメンバー全員18きっぷでの旅行経験者なので、長距離移動に抵抗はなく鉄道での移動はお手の物。

まずは博多までソニックに乗車。さすがに通勤時間帯なので混んでます。朝ご飯がまだだったので小倉でかしわめしを買ったのですが、通勤時間帯のソニックで駅弁はあまりオススメはできません。

8時半頃に博多に到着。ここで乗り換え。長崎行きの所謂「白いかもめ」に乗車。こちらはソニックと違いけっこう空いてました。
 
ただ、この白いかもめ、座席の前後がものすごく狭いため、4人向かい合わせにすると身動きがとれません。さっきのソニックが広かったので余計に狭く感じます。

車内では私一人が寝不足のため沈没。他のメンバー元気ですね。
 
寝ている間に長崎に到着。時刻は11時。特急だと早いです。長崎では一旦宿に荷物を置きにいってから観光開始。昼食は確かチャンポンを食べたはずなのですが、写真とるのを忘れました。ちなみに宿の手配他はすべてリーダー的なメンバーに任せてあるので私は何もしてません。

昼食後は行きたい場所がそれぞれ違うとのことで各自自由行動に。

私がまず向かったのは平和公園。有名な像や資料館、原爆投下の場所などを一通り見て回ります。
 
広島でも行ったのでこっちも来ておかないと、と思って来たのですが、やはり色々と重たいですね。内容が内容なのであまり多くは語らずにおきます。

平和公園に行った後はしばらく徒歩移動。途中、長崎スタジアムビッグNを通過。入り口が開いていたのでちらっと中を覗いてみました。
 
確かここはオールスターゲームも行われたことのあるスタジアムということで、さすがに立派です。


次の目的地はちょっと距離があるので、ビッグNのすぐ近くにある大橋という電停から路面電車で移動します。

そして到着したのは出島。江戸時代の貿易港である出島を再現した場所があるということで来てみました。余談ですが、ここにいる間ずっと一昔前の大関「出島」が頭から離れませんでした。


で、その大関とは全く関係のない「出島」なのですが、出島というからには海の方にあると思い込んで、海側の出島ワーフの方をしばらく探していましたがなかなか見つからず。

見つからず諦めて駅に戻るとまさかの内陸、しかも駅前にあったという。ちなみに、この出島の場所、今は内陸にありますが、江戸時代にあった場所にちゃんと復元しているとのこと。昔はこの辺りまでが海だったということらしいのですが、下調べもせずにくるからこんなことに。

気を取り直して見学開始。入場料金は忘れましたが、そんなに高くなかったかと。
 
日本史の資料集で見たのか分かりませんが、どっかで見覚えがあるような無いような和洋が混じった造り。これはこれで面白い。

 
ここがかつての出島の入り口である表門。本土との出入りはここだけだったんですね。

でも今は入り口向かい側が普通に住宅と倉庫。あまり雰囲気でないなーと。

奥の方には出島を再現した模型も置いてありました。
 
全体像はよく分かるのですが、野ざらしなので何となく雰囲気が某ワールドスクエアみたいだ‥。

ぼちぼち集合時間も近づいて来たので大関出島を後にします。再び路面電車で移動。


微妙に時間が余ったので、途中で長崎駅を撮影していたらメンバーの一人と合流。ちょうどよかったのでその人に道案内をしてもらうことに。私はついて行くだけ。いつものひとり旅では考えられないほど人任せ‥。


ちなみに集合場所は荷物を預けた宿。浦上天主堂の目の前にあるカトリック系のユースホステルです。朝食付きでお得なのですが、駅から遠いのが難点でしょうか。

宿にチェックイン後は出島ワーフへ長崎名物のトルコライスを食べに行ったり、明日の予定を話し合ったりしたのですが、写真も撮ってないのでそのあたりは省略。


次回予告:
明日は島原半島を巡ります。相変わらず行きたい場所がみんなバラバラ。


9月12日 長崎〜島原(次頁)  戻る  トップページ

inserted by FC2 system