廃止目前!ふるさと銀河線を訪ねる


2005年の夏。北海道の第三セクター「北海道ちほく高原鉄道 ふるさと銀河線」がついに廃止されるということを知った。その路線は前々から乗ってみたかった路線。廃止前に一度は訪れてみたいと思うようになり、年末に行けるよう行程のプランニングを開始した。しかし、その年の年末は記録的な豪雪。しかたなく計画を延期することに。
その後、春休みに入り、気候も少し暖かくなってきた2月末から3月初旬、ついに計画を決行することになった。
今回は地元である三重県からの出発。できるだけ資金を節約するために、まず名古屋まで出て、そこから東京駅まで夜行バスに乗車。東京駅からは「北海道&東日本パス」(以下、北東パス)というフリーきっぷを使って、ひたすら普通電車で北上という方法をとることにした。

私にとって初の長距離一人旅、そして初の旅行記作成ということで、分かりにくい部分も多々あると思いますが、少しでも雰囲気が伝わればと思います。


・2006年2月23日〜24日  名古屋〜青森〜函館

・2月25日             函館〜帯広

・2月26日              帯広〜北見

・2月27日            北見〜札幌〜青森

・2月28日〜3月1日      青森〜大宮(埼玉)〜近鉄四日市


戻る     トップページ

inserted by FC2 system