近鉄藤井寺球場とけいはんな線訪問

去る2004年、惜しまれつつも消滅してしまった大阪近鉄バファローズ。
そのバファローズのかつての本拠地「近鉄藤井寺球場」も球団消滅と同時にその役目を終え、取り壊しが決定した。球場が閉鎖された後、球場を見に何度か藤井寺に行ったものの、天気に恵まれず写真もあまり撮っていなっかた。しかし、そろそろ取り壊しが近いとの噂もあり、再び訪問して写真に納めておくことにした。
今回は天気にも恵まれ、絶好の訪問日和。ただ、前回の訪問から約半年が経過しているため、球場の安否が全くわからない。はたして残っているのか!それとも…。

球場訪問の後は、06年3月末に開通した「けいはんな線」と、最後の本拠地、大阪ドームも訪ね、まさに近鉄づくしの一日となった。


2005年12月の時点では、手つかずの状態でそびえ立っていた近鉄藤井寺球場。「天気のいい日に訪問し写真を撮っておきたい」と思っていた時、絶好の天気の日曜日がやってきた。

「コレは行くしかない」

そう思ったのは前日。当初は始発で出て、昼過ぎには帰宅する予定だったが、寝坊してしまったので結局10時頃の電車で住吉駅を出発。


最寄りの住吉駅。混雑具合はいつも通り




まずは天王寺駅・近鉄あべの橋駅を目指し、そこで近鉄南大阪線に乗り換える。あべの橋から藤井寺までは準急で2駅だ。藤井寺駅到着前、右手に球場が見えるはず。


あべの橋駅名表

あべの橋で準急 長野行きに乗り換え




ところが、あるはずの場所に球場は見えずに、電車は藤井寺に到着。「まさか!?」と思いながら球場入り口へ。


藤井寺駅に到着

かつてはバファローズカラーだった入口




なんと球場はすでに跡形もなく解体されていた…。お城のような入り口があったところは自転車置き場になっており、一周してみても工事のフェンスばかり。これにはさすがにショックを受け、しばらく呆然としていた。後で調べたのだが、06年4月あたりから取り壊し工事は始まっていたそうだ。時すでに遅しとはこのこと。


かつての入り口付近

覗き込んでみる‥




唯一残っていたのは試合予定表などの看板。これだけは手つかずだったので気を取り直して撮影。さがしてみると所々に「(近鉄)藤井寺球場」の文字も残っていた。おそらくもうすぐ撤去されるとは思うが。


さびているのが、また寂しい

これはまだ無事


ラクガキ‥


「近鉄藤井寺球場」の表記


探せばけっこう残っている


貴重な看板なのに錆びすぎでしょ




これ以上ここにいると、よけいに沈んだ気分になりそうなので、気分を変えて先に進むことにした。別に急ぐ必要はないのだけれど。とりあえず、せっかくこの辺りまで来たので、先日開業した「けいはんな線」にでも行ってみようか。


駅構内から球場方向を。球場はもう無い…

古市で準急から急行へ




ということで、まずはけいはんな線方面へのバスが出る高の原駅に行くため、古市で急行に乗り換えて橿原神宮前駅へ。そこで急行京都行きに乗り継ぐ。


橿原神宮前で乗り換え

平仮名なのか漢字なのかはっきりしないなあ




40分くらいで高の原に到着した。ここでバスに乗り換える。


高の原でバスに乗り換え

のどかな高の原駅




けいはんな線、学研奈良登美ヶ丘駅へのバスが出るまでの待ち時間は30分。駅前の広場でのほほんとしていた。気分に反して今日は本当にいい天気なのが救い。


高の原駅バスのりば




やっと来たバスに乗り、学研奈良登美ヶ丘駅に到着。人が少なく、駅前開発はこれからといった感じだ。どれも設備が新しいので、せっかくなので色々と撮影してみる。


真新しい駅 学研奈良登美ヶ丘

近くには住宅がビッシリ並ぶ


やや珍しいアングルから


改札内へ


近鉄らしくない駅名表


ホームは1面2線


地下鉄中央線車両


近鉄車両


駅名が長すぎると思う


日曜の15時頃。車内はガラガラ




一通り撮影が終わった時点で時刻は15時前。さて、これからどしようか。
考えた末、大阪ドームを目指すことに決定。なぜかというと、大阪ドームは近々「京セラドーム大阪」と改名されるので、「大阪ドーム」の看板等を撮っておきたいからだ。
けいはんな線からは大阪市営地下鉄中央線(直通)、長堀鶴見緑地線とすすみ、大阪ドーム前千代崎駅に着く。駅を出ると大阪ドームは目の前にある。ここに来るのは約2年半ぶり。


はたして駅名は変わるのか

この表示もどうなるのやら




駅前は絶賛工事中な上に、今日は試合がないので人もまばら。雰囲気は寂しいが、撮影にはもっていこいである。とりあえず反時計回りで一周してみる。



メインゲート。どことなく色褪せている


グリンドムモールは営業中


中央プラザ


北口から回ってみる


ライトスタンドチケット売り場


バックスクリーン(南口)入口


このままの名前がええなあと


レフトスタンドから三塁側へ




ドームを一周して撮影を終えたらさすがに疲れてきたので、地下鉄に乗り、長堀線から西長堀、千日前線、野田阪神(海老江)と乗り換え帰宅した。


逆行ですが全景

海老江は地下鉄と阪神電車に乗り換えが可能

さて、今回は藤井寺球場訪問など近鉄づくしとなったのですが、実際は藤井寺球場の無惨な姿にショックを受け、そのあとはグダグダといった感じでした。

藤井寺球場のように役目を終えた球場を取り壊すのは当たり前のこと。それは納得しています。しかし、突然の合併で球団が無くなることには未だ納得がいきません。プロ野球人気は復活してきているようですが私はまだ見る気がおきないのです。球団が無くなれば、必ずいくらかのファンがプロ野球から離れていく事は必至。もうこれ以上の無駄な球団消滅が無いことを祈りつつ、今回は終わりたいと思います。

って書いている自分でも、今回の日記はコンセプトがよく分からん…。

[2006.5.22 近鉄藤井寺球場とけいはんな線訪問 完] [2017 改訂]


戻る  トップページ

inserted by FC2 system